原稿読み取り専用のスキャナー

オフィスの中では、複合機が大きな役目を果たしています。

コビーやFAX、そしてネットワーク対応のプリンターです。

社内のオフィス環境が全てLANになってから、業務分散、集中というフレキシブルな対応が求められるからこそ、このようにいくつかの機能を搭載した複合機が無くてはならない存在となっています。

一方でスキャナーの存在が一際、輝くことがあります。

原稿をスキャンして紙媒体の資料を電子化するという役目を持っているのですが、スキャン機能は複合機にも搭載されています。

しかし、単独で読み取り専用のスキャナーが未だに存在し活用されているのが現状なのですが、そこにはオフィスの書類環境があると思われます。

企業では契約書などは、紙で長期保存をしなければならないと法律で定められていました。

近年、電子化の流れで法的文書も電子媒体での保存が許されつつあります。

このような流れの中で、該当する書類はサイズも種類も千差万別であり、異なる文書を大量に、しかも一括で読み取りするには、スキャナー専用の機器が必要になってくるのです。

いわば集中業務的な分野での専用機と呼べるに相応しい機器です。

PR|マイホームにかかる諸経費